ご登録はこちらをクリック

アフィリエイト記事で必要な文字数はどれぐらいか?

パソコン前で考え事をする女性

「アフィリエイトで稼ぐには、どれぐらいの文字数の記事を書いたらいいんだろう?」と思ったことはありませんか?

1,000文字ぐらいでいいのか、5,000文字ぐらい必要なのか、といったことは記事を書き始めたばかりの方は特に気になることでしょう。

そんなわけで今回は、アフィリエイト記事で最適な文字数についてお伝えしていこうと思います。

アフィリエイト記事で最適な文字数は?

始めに、アフィリエイト記事に最適な文字数について結論をお伝えしておきますが、

「記事の元となるキーワードによって変わってくる」が答えです。

どんな記事でも1,000文字あればとりあえずOKということでもないですし、5,000文字の長文がSEOに強い優れた記事だとは限りません。

キーワードによって最適な文字数が変わってくることを次から例をあげながら解説していきます。

記事の文字数が多くなりがちなキーワード

『ダイエット 失敗』『ニキビ 原因』『英語 話せない』といった、人にノウハウを伝えるキーワードの記事は文字量が多くなりがちです。

例えば、『ダイエット 失敗』というキーワードで記事を作成するとします。

このキーワードを検索エンジンで検索するユーザーは、「ダイエットで失敗してしまう原因を知り、その原因を解消することでダイエットに成功したい」と思っていることが考えられます。

なので、作成する記事のコンテンツには、ダイエットで失敗する原因や、原因を解消するための具体的な対策などを入れていく必要があります。

原因や対策についてわかりやすく解説していると、自然と文字数の量も増えていきます。

記事の文字数が少なくなりがちなキーワード

一方、『新作の映画(仮) 公開日』『商品名 最安値』といった、情報をピンポイントで伝えるキーワードの記事の場合であれば文字量は少ない方が理想のことが多いです。

『新作の映画(仮) 公開日』のキーワードを例にあげると、

このキーワードを検索する人は、対象の新作映画の公開日を知りたいと思っていることが考えられます。

なので、検索結果の答えとしては、〇年〇月〇日というだけでも十分となります。

映画の公開日を知りたいだけの人に、その映画のエピソードやストーリー、出演者などを長々と書いた5,000文字の記事は必要ないのです。

記事は文字数ではなくユーザー満足度を意識するのが理想

アフィリエイト記事作成のポイントを伝える人

お伝えしてきたように、アフィリエイト記事の文字数に絶対の正解はなく、キーワードごとに変わってきます。

文字数は結果であって、目的にするものではないのです。

実際に、検索エンジンのルールを決めているGoogleは、上位表示させるために記事の文字数自体は関係ないと公表しています。

Googleが求めているのは、文字数ではなく、検索ユーザーに役立つ価値のある情報を提供できているページや記事なのです。

なので、文字数にこだわるのではなく、「このキーワードで検索する人に対してどんな内容の記事を提供してあげるのがベストか?」をしっかり考えて記事を作成していきましょう。

ユーザー目線で記事を書いた結果、文字数が3,000文字であったのであれば、その3,000文字の記事に自信を持っていきましょう。

文字数の目安を確かめる方法

Google検索のイメージ

アフィリエイト記事の文字数に正解はないとお伝えしてきましたが、記事を書き始めて間もない方であれば、やはり文字数は気になってしまうことでしょう。

なので、記事の最適な文字数の目安を確かめる方法についてもお伝えしておきます。

その方法は、検索エンジンで記事の元となるキーワードを検索してみることです。

検査結果で表示される上位サイトを確認し、何文字ぐらい書いた記事が上位表示されているのか参考にしてみましょう。

1ページ目(1位~10位)のサイトを確認すれば、最適な記事の文字数の目安が見えてきますよ。

まとめ

アフィリエイト記事の最適な文字数は、元となるキーワードによって変わってきます。

文字数にこだわるのではなく、キーワードを検索するユーザーの意図を読み取り、必要な情報のみをわかりやすく伝えることを心がけていきましょう。

検索ユーザーにマッチした記事はSEO面で高く評価され、やがては上位表示されることにつながりますよ。

 


ブログランキングに参加しています!
クリックして応援してもらえると記事更新の励みになるのでよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください